つま先が減ったら

レザーソールのつま先ってすぐ減りますよね。。。

歩き方にもよりますが、かかとよりもつま先の方が先に気になる人も多いのではないでしょうか?

 

特にグッドイヤーウェルテッド製法(しかもダブルソール!)の場合つま先は削れやすいので、新品で補強していない場合は気にしておきたいポイントです!

 

 

では、減ってしまった場合の選択肢ですが、

  • オールソール
  • ハーフソール
  • つま先修理

の3種類にが主になります。

 

f:id:repairbresson:20190414152022j:plain

靴底の前半分の状態によるのですが、

  • 穴が開いている    →オールソール
  • 開きそうなくらい薄い →ハーフソール
  • つま先だけ削れてる  →つま先修理

ざっくり目安をつけるとこんな感じでしょうか。

 

こまめに修理に出す方であれば、かかととつま先の修理を数回繰り返してオールソールにたどり着く流れが多いように思います。

 

f:id:repairbresson:20191207110649j:plain

f:id:repairbresson:20200310154405j:image

f:id:repairbresson:20170417150225j:plain

f:id:repairbresson:20170417150148j:plain

つま先ラバー ¥1,800‐(税別)

 

革でもできます。

f:id:repairbresson:20200310154825j:image

f:id:repairbresson:20200310154821j:image

つま先革¥2,000-(税別)

 

ちなみに、つま先に打ち込んでいる釘は真鍮製のため削れやすく、音が出たり滑ったりということはほぼないです。

また、材料固定のためではなく(基本は接着剤による固定)、念のためくらいの役割と、装飾性で打ち込んでいます。

靴底がゴムやスポンジの場合、また事情によってはつけておりません。

 

 

ハーフソールの場合は、つま先の厚みを戻す作業をした後で厚さ1~2㎜のゴムを貼ります。

f:id:repairbresson:20200310162948j:plain

f:id:repairbresson:20190407161317j:plain

新品の靴に作業することのほうが多い気がします。

¥2,400-(税別)

 

 

また、とにかく減らないようにしたい!修理の回数を減らしたいという方にはつま先に金属をはめ込むなんてやり方もございます。

 f:id:repairbresson:20200310154816j:image

f:id:repairbresson:20200310154207j:image

ビンテージスチール(生産終了の為代替品になる予定)

f:id:repairbresson:20200310155119j:image

トライアンフスチール

どちらも¥3,000-(税別)

 

 

新品の時にハーフソールとセットでつけると、まあ減りません><

 

ただしデメリットとしては、カチカチ音が鳴ります。

コンクリートやタイルの上などカッチカチです。

床の材質によっては傷をつける勢いです。

TPOによっては不向きの場合もございますのでお気を付けください。

 

オールソールについては、また別の記事で。

 

不明点やお見積もりなどもちろん無料で行っておりますので気になる方はご連絡ください。